1. TOP
  2. Body Care
  3. 産後うつはいつから始まる?原因と対策をまとめてみた

産後うつはいつから始まる?原因と対策をまとめてみた

産後うつの女性

出産後の母親が育児への不安や重圧によって、精神的に不安になる産後うつ。

厚生労働省は、2017年度から、産後うつを予防するために、健診を受ける際の費用を助成する事を決定しました。

産後うつは、深刻化すると虐待や育児放棄につながったり、自殺を招いたりする恐れがあります。

不調の兆しを早めに見つけて適切なケアをすることが必要です。

産後うつについて、迫ってみたいと思います。

Sponsored Link

産後うつについて

産後うつはいつから始まるのか?

産後うつは、約10人に1人が経験すると言われています。

厚生労働省の研究班が、2012年~2014年度に実施した調査によると、初産の場合、うつ状態など精神的な不調に陥る人は産後2ヶ月ごろまでに多いと発表されています。

その中でも特に、産後2週間の時期に発症のリスクが高いとの報告までされています。

より早い段階から、精神的に不安定になりやすい時期のケアが大切になります。

産後うつになる原因

産後うつは、環境が激変することで起こると言われています。その環境とは何なのか見て行きましょう。

独りぼっちになる

20161010-01-1

出産のため、今までの環境ががらりと変わっての第一子の出産。

約1ヶ月後に自宅に戻ると、日中は1人で子供と向き合う生活が始まります。

初めての子育てに不安、そして重圧。一気にのしかかってきます。

経験がないのですから、不安になるのは当然のことです。

ましてや、始めての赤ちゃん。大切に育てなくてはいけません。

昨日までとは違ってどうして眠ってくれないの?どうしたら泣き止むのだろう?と不安を和らげてくれる相手は周りにはおらず、夜中に帰宅する夫が憎く思うのも当然です。

誰にも相談する事も出来ず、いら立ちが募り産後うつとなってしまいます。

ホルモンバランスが崩れる

出産直後の女性はホルモンバランスの変化が激しいです。

情緒不安定になったり、体調不良や睡眠不足になるなど、体調が優れないことが多くなります。

核家族が増え気薄化

近年では、非常に核家族化が進み、家族や地域での助け合いが薄れているのが現状です。

両親と離れて住んでいたり、近所の付き合いも減りますから、孤立化するのも当然です。

孤立する事が、拍車をかけ精神的に不安になりやすくなります。

産後うつにならないための対策

1人で抱え込まない

20161010-02-1

まず、孤立しやすい環境をなくす事を考えましょう。

Sponsored Link

相談できる相手をまずは探す活動を取ってみましょう。

ちょっとした悩みを聞いてもらったり、アドバイスをしてくれる人がいれば防ぐ事ができます。

気分的にも、相談相手がいるのといないのでは、全然違います。

話すことで気が楽になる場合もあります。

自分でどうしていいかわからず、重圧につぶされて産後うつになってしまいます。

夫にサポートを求めたり、それぞれの両親に助けを求めることも必要でしょう。

それに、今はスマホの普及が増え、情報化社会です。

必要な情報はインターネットで手に入れる事が容易です。

育児系のサイトを閲覧するだけでも気分が楽になる事もあります。

また、SNSの活用です。

フェイスブックやツイッタ―などでも同じ境遇のママ達がいるはずです。

利用するのも1つの手段でしょう。

サーポート体制を活用する

20161010-04-1

実際問題として、産後うつ病に詳しい専門家はまだ少ないようです。

自治体でも2017年からの産後うつ病に関する健診費の助成であることから、行政の相談窓口も少ないのが現状のようです。

どうも、体の調子が悪い、健康状態が良くないのであれば、一度、産婦人科に行って診察を受けることも必要になるでしょう。

手遅れになる前に、医療機関の受診も一つの案として覚えておくと良いでしょう。

また、出産、授乳や育児経験のある女性たちがアドバイスやサポートしてくれるところがあります。

>>ベルタ葉酸サプリ公式ページ

このサプリメントには、なんと購入後に授乳や育児に関することを電話相談できるサポート窓口があります。

そして、葉酸も定期的に摂取できることで、母乳の質や、健康、ついでに美容効果まで期待できます。

赤ちゃんに質の良い母乳を与えるのには、まずはあなたが健康にならなければなりません。

産後うつ病の専門家も少なく、自治体の窓口も整っていない中でこのサポート窓口は非常に助かると思います。

相談できる人が周りにいないのであれば、利用する価値はあるでしょう。

どうも調子が悪いと感じたら、早めに周りに知らせる事が必要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

妊娠、出産、育児と今までに経験した時のない環境の変化で約10人に1人のママが苦しんでいます。

一番の原因はやはり、「孤立」ではないでしょうか。

環境の変化に対応できない、そして相談相手もいない、始めての経験での不安と重圧。

母体にもよくありませんし、赤ちゃんにも少なからず影響があることでしょう。

1人で抱え込まず、助けを求めることも必要です。

深刻化する前に行動する事が大切なのではないでしょうか。

Sponsored Link
この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

女性の悩みを働くママが解決するサイト!783ラボの注目記事を受け取ろう

産後うつの女性

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

女性の悩みを働くママが解決するサイト!783ラボの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

783ラボ編集部 

783ラボ編集部 

これからもニーズに合った情報提供に努めて参ります。