1. TOP
  2. お金
  3. 住民税の免除申請できないときは?やるべきこと3つ

住民税の免除申請できないときは?やるべきこと3つ

 2016/06/14 お金 税金
 
二千円札

会社の倒産、リストラ、怪我や病気となり失業してしまった。収入が断たれてしまった。

収入が断たれても住民税の支払いはやってきます。

そんなときどうするべきか、できるなら少額ですませたい。当然のことです。

免除するにも地方自治体によって扱いが違うので、失業では申請できない場合があります。

最低限度の支払いで済ませるようにしましょう。

Sponsored Link

住民税の免除申請できないとき行うこと3つ

当年の確定申告を必ず行う

20160614-01

失業すると最初に行う事は、

  • ハローワークに行って失業保険の手続き
  • 市役所や役場に行って国民健康保険と国民年金の手続き

この2つです。

しばらくすると住民税の納付書送られています。結構、高額だったりするのです。

失業したばかりで収入が断たれた状態での支払い。厳しいですね。

自治体に免除制度がない場合、免除することはできません。

そもそも、住民税と言うのは自分の去年の年収に応じて計算されているからです。

今の事ではなく、昔の事を計算して請求してきています。

そして、住民税の金額は住んでる場所にもよりますが、みんな平等です。

住民税は失業した時期にもよりますが4期に分かれて、納付書が届くはずです。

もともとの収入の金額が大きければ、いくら4分割と言っても大きいでしょう。

どうしても支払いが困難な場合は、免除ではなく4期をさらに分割納付にしてもらえるよう自分の住んでいる自治体に足を運んで相談しましょう。

市民税課などに一度相談しましょう。

失業した年度に必ず行う事は、確定申告です。

源泉徴収票をもとに行うのですが、還付金もありますし、確定申告を行うことで次年度の住民税が減額されます。

確定申告を行うことで、税務署から自治体に、所得の報告が行きます

当然、失業しているのですから去年の年収よりは今年の年収は下がっているはずです。

来年度の住民税は、もともとの収入が少ないわけですから納付額も少なくなります。

失業したら、必ず確定申告を行いましょう

Sponsored Link

市民税・県民税申告書を提出する

20160614-02

失業してから何かしら理由があって一年以上の無職期間がある場合、2回目の確定申告を行うことになると思います。

収入が0の場合、確定申告の必要性はないとされています。

働いていないのですから所得に対する還付金もありませんよね。

ですが、確定申告の代わりに行う事があります

収入が0だと言うのを証明する為に、住んでいる場所に応じて役所の市民税課に行って、市民税・県民税申告書を提出する必要があります。

自治体にもよりますが、申告をすることで不正をなくすこと、そして証明する事に繋がります。

住民税と国民健康保険の納付金額に関わってきますので、必ず自宅近くの役所に行って提出しましょう。

自治体のホームページで一度、検索してみる事をおすすめします。

正しく申告すれば、きちんと収入に応じた金額を算出してくれるはずです。

徹底した節約をする

20160614-03

国民の三大義務の中に、「勤労の義務」と「納税の義務」があります。

義務ではありますが、それぞれ事情がありできない場合もあるでしょう。

仕事をして収入が確保できれば、税金を払うことはできます。

諸事情により出来なくなってしまっている場合は、自治体や税務署への申告をきちんと行い、節約することが大切です。

また、日々の生活においても収入を確保することと同じくらい、支出を抑えることも重要です。

無駄な物を購入していないか、安いもので代用できないか、交遊費を抑えているか、整理してみることも必要ではないでしょうか。

まとめ

住民税の免除申請できない時は、

  • 確定申告を必ず行う
  • 市民税・県民税申告書を提出する
  • 徹底した節約をする

免除できない場合は、徹底した節約をしましょう。

Sponsored Link
この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

女性の悩みを働くママが解決するサイト!783ラボの注目記事を受け取ろう

二千円札

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

女性の悩みを働くママが解決するサイト!783ラボの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

783ラボ編集部 

783ラボ編集部 

これからもニーズに合った情報提供に努めて参ります。