1. TOP
  2. Body Care
  3. 腸内フローラを改善する食事はコレ!ダイエットにも効果あり

腸内フローラを改善する食事はコレ!ダイエットにも効果あり

腸内フローラを改善する食事をしている女性

腸内フローラは、腸内細菌叢のことで腸内細菌の陣取り合戦の様子を表した言葉です。

腸内細菌には、善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種類に分かれており2:1:7のバランスが最も理想的と言われています。

3種類の菌がお互いの陣地をかけて常に争っていますが悪玉菌が優勢になると体に様々な不調が表れます。

腸内フローラを改善する、つまりいかに善玉菌を優勢にするかがポイントになります。

今回は、腸内フローラを改善する食事についてお話をしていきます。

Sponsored Link

腸内フローラを改善する食事について

腸内フローラをイメージしたお花畑

腸内環境を整えるには、善玉菌を優勢にする、つまり増やすことができれば、整ったことになります。

私達の腸には、およそ100兆の腸内細菌がおりますが、この数が変わることはありません。

100兆の数を上限に、三つ巴の陣取り合戦をしていることになります。

善玉菌を増やす食事は、主に3つです。

  • 食物繊維
  • 発酵食品
  • オリゴ糖

この3つは善玉菌を増やす働きがあります。

食物繊維について

食物繊維は、胃や小腸で消化されることなく大腸に届き、善玉菌の格好のエサになります。

食物繊維には、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類があります。

水溶性食物繊維は、

  • 水分を吸収し、ゲル状に変化する
  • 腸内の流れを良くする

という効果があります。

一方、不溶性食物繊維は、

  • 水分を吸収し、10倍以上に膨らむ
  • 腸内の汚れをそげ落とし、排出するのを助ける

という効果があります。

食物繊維は、

  • 腸内を掃除する
  • 大腸を刺激して蠕動運動の促進
  • 善玉菌のエサとなり善玉菌を増やす

といった効果があります。

腸内の不溶な腐敗物や毒素を押し出す効果があるので便秘解消にも効果的です。

もし、便秘の方は食物繊維で便秘を解消する方法!摂りづらい水溶性を食べようをご覧ください。

発酵食品について

発酵食品は、食べ物から直接善玉菌を増やす食材です。

腸内細菌の種類を外から制御することによって、健康状態を高めるのがプロバイオティクス食品です。

  • ヨーグルト
  • 納豆
  • キムチ
  • 漬物
  • 味噌

などがあります。

プロバイオティクスとは

プロバイオティクスとは、生体に良い影響を与える生きた微生物のことです。

人間は、年齢とともに中高年になると体に有害菌が増えます。

そのため、体に様々な悪影響を及ぼします。

悪影響を防ぐためにもプロバイオティクス食品を食べることで、腸内細菌を善玉菌優勢に保つことが必要になります。

オリゴ糖について

オリゴ糖は、代表的なプレバイオティクスの1つです。

善玉菌であるビフィズス菌のエサになります。

食物繊維もプレバイオティクスと考えられますが、菌増殖効果はオリゴ糖の方が優れています。

腸内細菌は、毎日食べる食品の中で消化吸収されなかった成分を主な栄養素として生きています。

プレバイオティクスとは

善玉菌と呼ばれる有益菌を増殖、活性化をさせることで体の健康に有益な生理効果を与える難消化性食品成分のことです。

なぜ途中で消化させないのか?

これは、善玉菌のビフィズス菌に関係しています。

実は人間は難消化性であるオリゴ糖を分解する酵素を持っていません。

Sponsored Link

ですが、ビフィズス菌はオリゴ糖を分解する酵素を持っていてその活性が非常に高いのが特徴です。

したがって、小腸では分解されずに大腸までしっかり届いたオリゴ糖は、ビフィズス菌による有益菌によって栄養分が取り込まれます。

さらに、ビフィズス菌のエネルギー源になり増殖すると言うわけです。

改善する秘訣は食べ続けること

腸内フローラを改善する秘訣は、善玉菌を優勢にする食物繊維、発酵食品、オリゴ糖の3つの食材を摂り続けることです。

より多く大腸に有益菌と、プレバイオティクスを届け続ける必要があります。

なぜなら、食べ物の通り道の胃酸が関係しています。

胃液は強酸性です。

pHは『2』ほどと言われています。

せっかく食べても、ほとんどのものは溶けてなくなってしまいまうため、一気に激減します。

少しでも多く腸に行き届かせるためには、毎日、継続して取り続ける必要があります。

腸内フローラを改善する効果について

腸は、人間の免疫機能の7割を占めています。

なので、ほとんどの病気を腸が健康な状態であれば、防ぐことができます。

風邪を引いても、怪我をしても自然に治るのは、腸の免疫機能が高く自己治癒能力があるからです。

腸内環境を整えると次のことが起こると言われています。

  • 腸内感染を防ぐ
  • ガン予防
  • 免疫の働きを高める
  • アレルギー反応を抑制する
  • 整腸作用
  • コレステロール低下作用
  • 血圧低下作用

腸内フローラ改善はダイエットにも効果的

腸内環境を整えると、腸の活動が活発化し、蠕動運動が促進します。

それにより、

  • 便秘改善効果
  • 体に不要な腐敗物や毒素の体内停滞を防ぐ
  • 善玉菌の増加
  • 悪玉菌の減少

となります。

また、プロバイオティクスはオリゴ糖や食物繊維を消化・分解しその代謝物として短鎖脂肪酸を作り出します。

この短鎖脂肪酸は、脂肪の蓄積を防ぐ働きがあります。

短鎖脂肪酸を作り出し痩せ菌を増やすプレミアムスリムビオのようなサプリメントも有効です。

腸内フローラを整える事は、日々の体調を整えるだけではなく、肥満防止となりダイエットにも効果的と言えます。

腸内フローラの改善にはサプリメントを利用するのもあり

腸内フローラを良くするには、上記の事が必要であると述べました。

ただ、

  • 毎日の食生活のバランスが悪い
  • 偏食気味である
  • 食べ物に好き嫌いがある

など、食事の摂り方に問題がある場合は、サプリメントを利用することも1つの手段です。

サプリメントの良い点は、自然界では到底摂れない量を、一気に取ることができることです。

食事から栄養を取ることは基本ですが、バランスが悪く食事がとれない場合、健康状態も悪化します。

便秘や肌荒れなど様々な悪影響が出ます。

そんなときは、カルグルトで腸内に乳酸菌を届けましょう。

5種類の乳酸菌を配合しており、腸内環境を整えるのに最適です。

まとめ

腸内フローラを改善する食事方法は、

  • 食物繊維
  • 発酵食品
  • オリゴ糖

を継続して摂ることです。

人間は一本のちくわのようなものです。

口、食道、胃、十二指腸、小腸、大腸と体の中ではありますが内なる外です。

腸が免疫器官の7割を占める理由は、口から入って来る様々な外敵と戦うために腸に集中しています。

そして、栄養を吸収するのも腸です。

つまり、腸を常に健康な状態に保つことができれば、免疫力が上がるため病気にならないのです。

便秘や肌荒れ、肥満を防げると言うのは、そういった理由からです。

腸内フローラを改善することは、美しくかつ健康的に痩せるダイエットに効果的と言うことです。

Sponsored Link
この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

女性の悩みを働くママが解決するサイト|783LABの注目記事を受け取ろう

腸内フローラを改善する食事をしている女性

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

女性の悩みを働くママが解決するサイト|783LABの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!